占勝閣

三菱造船所の迎賓館として使用されている木造洋館

緑に囲まれた美しい木造洋館の占勝閣。

緑に囲まれた美しい木造洋館の占勝閣。

三菱長崎造船所第三ドックの北の丘の上に建つ木造洋館。三菱造船所(現三菱重工業(株)長崎造船所)の迎賓館として使用されている建物で、明治37年(1904)に落成した。翌年、軍艦千代田艦長の東伏見宮仁親王が宿泊した際に「風光景勝を占める」という意味で占勝閣と命名した。

建物は123帖の2階建てで、1階が食堂、応接室、書斎などがある。2階には寝室、ホールなどがあり、ほかに厨房のある地下室が設けられている。調度類は当時の最高級英国製品を輸入し揃えたという。

この建物の玄関には、中国建国の父といわれる孫文が大正2年(1913)来崎の折に書いたとされる「占勝閣」の額が飾られている。現在非公開。

DATA

現在非公開。所有は三菱重工業(株)長崎造船所。